お家時間にプラスアイテム*お花で免疫力を高めよう!

心と体

緊急事態宣言も延長になり、色々な方面に影響が出ている昨今ですね。
そんな折、お家時間の充実にプラスアイテムとしてお花を飾ってみませんか?
免疫力を高めてくれるお花の色についてお伝えします。

オレンジで笑顔になろう!

免疫力強化におススメなカラーはオレンジです。
なぜオレンジなのかと言えば、オレンジは笑いの色、楽しさの色だからです。
この【笑う】という行為がとても大切なことなのですね!
科学的にもに立証されていますが、人は笑うことで免疫力が高まります。
笑うことによって内蔵の働きをコントロールする自律神経(交感神経と副交感神経)が刺激されます。

さらに、笑うことで脳への刺激が伝わると神経ペプチドという免疫機能活性ホルモンの分泌を促進し、がん細胞やウィルスを攻撃する働きがあることも分かっています。
がん細胞を破壊するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)も増えるというのは、何とも心強いではありませんか!!

ナント! 作り笑いでも効果があるそうです!
それならば、心から楽しいと感じてのにっこりスマイルだったら、もっと効果があると思いませんか?
笑う角には福来る!!
Let’s Smileで参りましょう!!

ピンクで細胞の働きを活性化!

免疫力を高める色としてピンクも有効です。
細胞の働きを活性化し、ホルモンの分泌も促して血行を促進してくれる色なので、若返りの色とも言われています。
ピンクをイメージしたり見ることで、美しくなるために必要なβエンドルフィンドーパミンといった脳内物質が分泌されやすくなるのだそうです。

バラの香りには脳を刺激し肌の再生力を増すとともに外部刺激からダメージを受けにくくしてくれる働きがあります。
鎮静効果や安眠効果もありますのでベッドサイドにピンクのバラを飾るのも良いでしょう。
更に、ケンカした時やイライラしている時には嫌な気持ちを忘れさせる効果もあります。
ストレスが軽減されると心にも美容にもプラスになります。

ウィルスは粘膜感染することも多いので、細胞レベルから強化するためにもピンクを取り入れましょう!
色を見ているだけでも効果は得られますが、そこに意識を向けることが大切です。
何処にいてもすぐに出来るピンクの活用方法としてピンクブリージング(呼吸法)をご紹介します。

ピンクブリージング法とは
1、深呼吸をするときに、自分の中にピンクが入ってくるのをイメージします。
自分の好きなピンクを思い浮かべたり、実際にピンクの物を見ながら行うのも効果的ですしバラのアロマを一緒に使っても良いでしょう。
2、深呼吸を2~3回繰り返しながら「美しくなっている、若返っている」と自己暗示をかけます。
この深呼吸を2~3回×朝・昼・就寝前に行うと効果的。

★早い人では、数ヶ月で効果が現れ、シワやたるみが消えてしまったという人もいるほどです。
★70歳代の女性が、毎日10分間のピンクブリージングを1日3回、半年続けたところ女性ホルモンの分泌が活発になり、若返ったという報告もあります。
★老人ホームでピンクブリージングを実践したところ、数組のカップルが出来て、結婚に至ったという事実も有るくらいです!
是非、試してみてはいかがでしょうか?

色の持つ効果を積極的に利用して、心も体も健やかでいましょう!!
くれぐれもご自愛下さいね。

菊池 理恵

Kikuchi Rie アイシクル編集部 プロデューサー 花とカラーで癒しと気づきを届ける     アトリエ FLORET R 代表 フローラルカラーセラピ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

30代からの美容・心と体・ライフスタイルをサポートする女性のためのウェブマガジン
このサイトについて

icicleの最新記事をTwitterで誰よりも早くチェックしましょう!