小樽の古民家カフェ『cafe ku-pe カフェ・クーペ』

フード

小樽の古民家カフェ
月の巡りご飯カフェ

cafe ku-pe カフェ・クーペさんへ行ってきました。

エントランスには可愛い鳥さんがお出迎えです。

古びたガラスのランプ?も雰囲気を出しています。
この日は、雲一つない快晴でした。

建物までの小路の脇に出始めのムスカリがこんにちは^^
寄り添う姿をパチリ☆

カフェ・クーペさんは『月の巡りご飯カフェ』というコンセプトのもと、新月や満月のリズムに合わせてランチメニューやお茶やコーヒーのチョイスを変えてくれている、心と身体に優しいカフェです。
三日月の形のドライフラワーのリースも象徴的ですね☆

この日は、新月期ということで『決めたら動く!』をサポートしてくれるメニューでした。

私は、『サバの紫蘇トマト』を選びました!!
サバ半身のソテーに紫蘇とトマトのサッパリソースをかけてあり「こんなに食べられる?」という心配をよそに完食(笑)。
ご飯とお吸い物に、副菜の小鉢が5つ、糠漬けと、肉そぼろが付いています。
味付けは素材の味わいを活かした薄目になっていて、どれも美味しく頂けました。
友人の豚肉も一切れ頂きましたが、どちらも美味!!

欲張ってデザートまで注文し、出てくるまでの間は店内を見て回ります♪

新月と満月に合わせたコーヒー、焼き菓子(カヌレやクッキーなど)も数種類売っていて、クッキーを購入。
これまた、優しい甘さがたまらない逸品でした!!

店内のあちらこちらにあるオブジェも見ているだけで癒されます。
こんな小さいコーヒーミル…使えたら面白いですね^^
カスミソウのドライフラワーが作り出した影も可愛くてパチリ☆

そしてデザートのクレープのキャラメリゼが来ました!!
お店の方が目の前でバーナーで炙って仕上げてくれるのも楽しいひととき♪

クレープの中に生クリームとラズベリージャムがたっぷり♡
(パッションフルーツorラズベリーを選べます。)
なんせかんせボリューミーです!!!
後になって気づいたのですが、このクレープは食後なら1つをシェアすると調度良かったです^^;

2階にもお席があり、いい雰囲気を醸し出しています。

「高見沢俊彦命 栄子」という落書きもそのままで…築70年の変遷を垣間見た感じがします。
きっと、タカミーが、今の様に面白いおじさんになると書き手は想像だにしていなかったことでしょう^^(笑)。
この裸電球小玉付が、お婆ちゃんの家にもあったなぁ…と懐かしい気持ちになりました。

木の窓枠とネジネジするタイプの鍵も懐かしいですね!!
小学校の教室の窓鍵も、このタイプだったなぁ…。
線路の向こうに見える桜も郷愁を誘います。
ちなみに、私は小樽生まれの函館育ちなので、子供時代にタイムスリップしたような感覚になりました。

今どき風のお洒落カフェも好きですが、古民家カフェの優しさは無敵!!
是非、訪れてみてはいかがですか?

小樽の古民家カフェ
月の巡りご飯カフェ

cafe ku-pe カフェ・クーペ
11時~17時
(ランチLO14:00)
定休日/火・水(不定休あり)
駐車場5台
小樽市勝納町12-7
電話:0134 – 64 – 5938
WEB http://ku-pe.com/

菊池 理恵

Kikuchi Rie アイシクル編集部 プロデューサー 花とカラーで癒しと気づきを届ける     アトリエ FLORET R 代表 フローラルカラーセラピ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

30代からの美容・心と体・ライフスタイルをサポートする女性のためのウェブマガジン
このサイトについて

icicleの最新記事をTwitterで誰よりも早くチェックしましょう!