神社へ行こう!『花手水』に身も心も洗われるひとときを

ライフスタイル

最近、SNSでも見かけることが多くなった『花手水』はご存知ですか?
「はなてみず」「はなちょうず」といって、寺社仏閣の手水舎(てみずや・ちょうずや)を季節の花で飾り、参拝者をお迎えくださる設えのことです。

先日ご紹介した西野神社さんでも、とても美しい花手水がありましたので、ご紹介します。

駐車場から参道へ向かう通りが『紫陽花の小路』と名付けられていました。
涼しげな紫陽花がお出迎えしてくれました。

紫陽花越しに見える本殿。
左手に手水舎。
風鈴の音が心地よく迎え入れてくれます。

清らかな水辺に紫陽花が生き生きと輝いています。
お天気が良かったこともあり、iPhoneのカメラで撮ると龍神様に虹がかかりました。
カメラのレンズの性能によって出来るフレアやゴーストという現象の場合もありますが、やはり美しい虹色の光が入ると神秘的で気持ちが上がりますね!!

この日は、七夕の前だったこともあり、本殿両脇に笹飾りが用意されていました。
風にゆれる短冊に、縁結びの神様宛の恋愛成就の願い事の他、コロナ収束を祈るものも多かったですよ!

夏の陽射しが眩しい西野神社さん、とても佳い氣を感じられました。

西野神社さんの境内には沢山の紫陽花が咲いているので、今も花手水を行っているようです。
他の神社では、期間限定で行っていた所も多いようですので、事前に確認してみるか、行ってからのお楽しみにしてみるのも良いのではないでしょうか?

こちらは、お友達が送ってくれた豊平神社さんの花手水です。
大きなひまわりの存在感と紫陽花の涼やかな感じにピンクのアクセントが大人可愛い雰囲気です。

こちらは、月寒神社さんの花手水です。
ハート型の水盤にイエロー×オレンジ×ブルーの華やかな取り合わせが可愛らしいですね^^
濃いオレンジのガーベラとイエローのまんまるピンポンマム(菊)が印象的です。

暑い夏を元気に乗り切るためにも、是非、神社へお出かけしてみてはいかがでしょうか?

菊池 理恵

Kikuchi Rie アイシクル編集部 プロデューサー 花とカラーで癒しと気づきを届ける     アトリエ FLORET R 代表 フローラルカラーセラピ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

30代からの美容・心と体・ライフスタイルをサポートする女性のためのウェブマガジン
このサイトについて

icicleの最新記事をTwitterで誰よりも早くチェックしましょう!