【特集】第3回『オシャレ、出産、介護~年代別・VIO脱毛のススメ~』

美容

『VIO脱毛』を知っていますか?
Vはビキニライン、Iは陰部両側のデリケートゾーン、Oは肛門周りのことで、その部位を脱毛することを言います。
脚や脇、Vラインまでは、永久脱毛済みという方は多くいらっしゃるかと思いますが、IラインとOラインはなかなか躊躇している人も多いのではないでしょうか?
『若い子がやるのでしょう?』『粘膜ギリギリなので、痛いのでは?』『施術が恥ずかしい』など、今回も疑問や悩みを解決すべく、永久脱毛専門店ビューティーハウスリボン代表の高早苗(たか さなえ)さんに協力を得ながら、紐解いていきたいと思います!

ファッションを楽しむために!

20代の女子は、アンダーヘアを整えることをファッションの一部として考えています。アンダーヘアを気にすることなく、様々なタイプの下着や水着にチャレンジでき、ファッションを思う存分楽しむことができます。

また、VIO脱毛の最大のメリットと言えば、デリケートゾーンを清潔に保つこと!
特に、ムダ毛のせいで通気性が悪くなり、ムレることで発生しやすいとされている、生理中のにおいや痒みなどの不快感を緩和する効果があります。

産後のデリケートゾーンはトラブル多し!

出産・分娩時に会陰部を切開するという話は聞いたことありますか?
会陰裂傷を予防する目的で行う分娩介助法のことですが、大体の妊婦さんが出産時経験します。もちろん、切開した部分は縫合します。
産後ですので出血(悪露)もあり、『傷×出血×ムダ毛』は、かなり相性が悪く、とてつもない不快感に加え、不潔にしておくと傷口の化膿や高熱など、様々なトラブルを引き起こす可能性があります。

ですから、傷口を常に清潔に保つため、ムダ毛に絡まる悪露を傷の痛みに耐えながら、洗い残しのないよう石鹸でゴシゴシ洗い流します。それは、悪露がなくなるまでの約1ヶ月ほど続きます。生理期間とは比べ物にならないくらいの長期戦です。
VIO脱毛でムダ毛をなくすことで、傷をいたわりながら清潔に保つことができるので、これから妊娠を考えている人には、ぜひオススメします!

実は、介護にも役に立つVIO脱毛!

『わたしは若くないから、もう関係ない。』と思っている方、意外と多いのではないでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。むしろ、歳を重ねるごとに必要性を感じるようになってきます。

高さんのサロンでも、高齢者がVIO脱毛の施術を希望されることがかなり増えてきたそうです。
老人介護施設に入所している母親を娘が連れてくることもあります。「今はまだ、自分で何でもできるけれど、これから人の手を借りる日が来るかもしれない。そのときは、少しでも下の処理を楽に済ませられるようにしたい。」そのように考えてのことだと言います。

例えば、寝たきりの方ですと、ムダ毛があるとしっかり拭きとることが大変です。拭き残しがあった場合、生理の時と同じように、ムダ毛に付着したばい菌が繁殖していき、オムツかぶれや皮膚炎など様々な肌トラブルの原因になります。
また、膣のように浄化作用がない尿道には、ばい菌が入り込むこともあるので、尿道炎や膀胱炎などを引き起こすことも考えられます。

「これからは、介護の観点からのVIO脱毛の需要は高くなると思います。当サロンでも、今、一番力を入れています。(高さん)」
年齢に関係なく、体の不自由な方も施術を受けにくるそうで、今後ますます『介護=VIO脱毛』が、自分のため、また介護してくれる相手のためにも、定着すると嬉しいですね!

まだまだ気になる、VIO脱毛

◆自己処理はできる?
IラインやOラインは自己処理するには、難しい箇所です。「デリケートゾーンに脱毛クリームはいいのか?」「ワックスやカミソリで傷つきはしないか?」気になるところですが、やはり粘膜も近く皮膚も薄いので、お肌のトラブルは避けられません。繰り返し行うと、皮膚炎や埋もれ毛や色素沈着の恐れもありますので、なるべく自己処理は避けて欲しい箇所です。

◆気になる痛みは、いかほどか?
「やはり他の部位に比べて痛みはあります。お客様に常に寄り添って痛みを乗り越えていけるように、全力でサポートします!(高さん)」

◆施術するとき、恥ずかしい!
「ビューティーハウスリボンでは、専用のショーツをはいてもらいます。脱毛箇所ギリギリのところまでショーツをずらしていきますが、大事な部分はしっかりカバーしますので、安心して下さい!また、恥ずかしさも克服できるように、カウンセリングでお客様と良い関係を築くことを大切にし、リラックスできるサロン作りを心がけています。(高さん)」


★永久脱毛に関する悩みや気になることも随時募集しております。お気軽に投稿お願いします!
質問に関する答えは、アイシクルサイト内に掲載いたします。

    ☆永久脱毛専門店ビューティーハウスリボン代表 高 早苗(たか さなえ)プロフィール
    大手エステサロン勤務を経て、1995年11月永久脱毛専門店として札幌市豊平区にオープン。2013年、札幌市中央区西16丁目知事公館前にサロン移転。確かな技術と実績で、2020年度には創業25周年を迎える。

    ☆いつでも無料カウンセリングできます!
    11階にあるサロンの窓からは、知事公館の森を見渡すことができ、季節の移り変わりが感じられる癒しのサロンになっています。サロンでは、随時、無料カウンセリングを行っています。毛質、毛量、部位、期間、金額、気になることには何でもお答えします!ぜひ、下記ウェブサイトより、お問い合わせください。
    ○ウェブサイトはこちら→永久脱毛専門店ビューティーハウスリボン

    ピックアップ記事

    関連記事一覧

    30代からの美容・心と体・ライフスタイルをサポートする女性のためのウェブマガジン
    このサイトについて

    icicleの最新記事をTwitterで誰よりも早くチェックしましょう!