コロナ太り解消!美ボディを手に入れるためにすること

美容
コロナ太りしていませんか?

私のサロンでは、毎日のようにコロナ太りのご相談が続いています。

お正月などもお決まりで太りやすい時期ですが、今回の「コロナ太り」は、短期間で太ってしまうお正月太りとは比べ物にならないほどの体型変化、体調の悪循環を感じています。
自粛生活による運動不足、ストレス、そして無意識レベルでの緊張感や不安、自律神経の乱れなども絡み合って、どうしても太りやすくなります。

ただ、最近ついた脂肪は、昔から定着している脂肪よりも落ちやすい!という特徴がありますので、早めにスッキリと戻して、軽やかに夏を迎えたいですね!

どんなことから始めたら良い?

ダイエットというと、お菓子を減らす、運動を始める、ごはんを減らすなど、思いつくことは色々あると思いますが、誰もが抱える問題は『続かない』ということですよね。
「5㎏痩せたい!」とか、「○○を減らそう!」などと考えても、漠然としすぎていると、どうしても続きません。
また、ハードルが高いことを突然始めると、3日坊主・・・なんてことがよくありますよね。
運動が苦手な方が、ダイエットのために運動から始めても、本当に続かない(^^;)苦手なことからスタートしてしまうと、すぐに嫌になってしまいます。
ダイエットを始める前におススメなのが、「どんな自分になりたいか」を想像してリアルに描いていくことです。

どんな自分になりたいのかな?

どうなりたい?と考えてみると、「〇㎏痩せたい!」「お腹のお肉を薄くしたい!」まずはこんなことが思い浮かびませんか?
これはすぐに思いつくと思います。気になる部分をスッキリさせたいですよね。
ただ、これだけを目指しても、人はどうしても続かない生き物です(+_+)
どんな風に痩せて綺麗になって、どんな気持ちになりたいのでしょうか?

例えば、、
・朝鏡を見ると、お腹がスッキリ!服をきても気持ちが良くて、鏡を見ると嬉しくなってくる♡
・清々しい職場の同僚や友達に、綺麗になったんじゃない?何かしたの!?と言われて嬉しかった!
・自信がついたことから、〇〇にもチャレンジしてみたくなった。
・私は朝から気分が良く、今までバタついていた朝の時間にもゆとりができて心地良い。
・私は心のゆとりから職場の人にも優しい言葉をかけてあげられるようになった。
・苦手だった○○さんとの人間関係も良くなった。

沢山、想像してみてくださいね^^
容姿のことだけでなく、また自分ひとりのシーンだけでなく、他者との関係性なども絡めて想像してみると良いですよ^^

ダイエットの成功は、心に豊かさをもたらします。
その心地良さをリアルにイメージして、紙に沢山書き出してみましょう。

目指すのは、体重-〇㎏ではなく、そのイメージした『幸せな私』になること。自然と、ダイエットをしているときの視点が変わってきますよ^^

何をしたら痩せられる?

コロナ太りをスッキリ解消して、より幸せな自分になるために行動を起こすことは、実はとっても小さなことから始められます。

・一口につき30回噛む
・運動習慣のない方は、10分だけでも体を動かす(ラジオ体操、スタスタ歩きで買い物に行く、一駅歩くなど)
・寝る前の2~3時間前までにすべての食事を終える
・1日に食べたものをすべて写真に撮ってみる(たんぱく質、お野菜どのくらい入っているかな?そんなに好きじゃないお菓子まで食べていない?
お菓子は食べているのにお食事は意外と少なかったり。朝は少しなのに、寝る前にこんなに食べてた!等々)

どれも、少し工夫すると出来ることばかりですよね。
こんな小さな習慣の見直しが、想像して紙に書きだした『幸せな私』を作ります^^

自分に合うダイエット方法をサポート

なかなか一人ではうまくダイエットができない方のために、痩身エステや、エステに通わなくても個別カウンセリングをして綺麗に痩せることができる「オンライン痩身プログラム」というサービスをご用意しております。

厳しい筋トレや食事制限をすることなく、しっかり食べて軽い運動習慣をつけながら「脂肪と筋肉を入れ換える」という体質改善方法から、酵素ファスティングによる断食療法まで、様々なコースをご用意しております。

コロナ太りをスッキリと戻したい方、心地良くより豊かな毎日を過ごしたい方、ご興味のある方は、サロンのHPもチェックしてみてください^^
https://trueface-sapporo.com/

設楽 沙紀子

Shitara Sakiko Beauty salon True Face 代表 エステティシャン アンチエイジング痩身エステ、美肌ケアのエステサロンを経営...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

30代からの美容・心と体・ライフスタイルをサポートする女性のためのウェブマガジン
このサイトについて

icicleの最新記事をTwitterで誰よりも早くチェックしましょう!