小さなアクアリウム『メダカを飼育しよう!』②

おうちじかん

お部屋に小さなアクアリウムを置いて、これから始まる蒸し暑い季節を、視覚から涼しく快適に過ごしてみませんか?
特にメダカは、酸素や特別な装置がなくても育てることができるので、気軽に飼うことができます。また、水槽(鉢)や水草や装飾グッズで、より素敵に自分流のアクアリウムを作ることができます。
◆メダカ飼育の基本情報はコチラ→小さなアクアリウム『メダカを飼育しよう!』①

おしゃれな水槽(鉢)を選んでみよう!

まずは、メダカのおうちを用意します。
メダカが2~3匹であれば、おしゃれなガラスの瓶や金魚鉢がおすすめです。また、小さめの陶器もメダカにはぴったり!グラス、小鉢、キャンドルホルダー、薬瓶、花瓶、キャニスターなど、自分の好みに合わせて素敵なおうちを用意してあげましょう。

※蓋付きの容器を使う場合は、メダカを入れたら蓋は取りましょう。
赤ちゃんが生まれ量が増えてしまったら手狭になるので、そのときは少し大きめの鉢などにお引越ししましょう。

水草を用意する

水草を入れるだけで、一気にアクアリウムらしくなります。メダカはどこかに隠れる場所があると落ち着くので、水草の下や間に入って休みます。また、留守の間はメダカの食料にもなりますし、産卵期には卵を産みつけたり、メダカにはかなり嬉しいアイテム。水草はぜひとも入れてあげましょう。


▲マツモ


▲ホテイ草

おすすめの水草は、マツモ、カモンバ(見た目はマツモと似ています)などです。ペットを扱っているホームセンターなどで手に入ります。また、ホテイ草などの浮き草もオシャレ感がアップします。

アクアリウムを彩る素敵なアイテム

【ビー玉や色つきの石を敷く】
色とりどりのビー玉や石を底に敷くだけで、とってもオシャレになります。例えば、ブルーを基調にすると一気に涼しげなアクアリウムになります。
ただし、メダカはデリケートですので、素材や形状には十分注意が必要です。尖った石で体を傷つけてしまうことがありますので、触れても大丈夫な丸いものを選びましょう。

【流木】
流木もおすすめです。メダカは流木の下に入って休むのが大好きです。水槽や鉢の大きさに合わせて選びましょう。
海や川で自力で見つけてくるのもいいですが、専用の流木も売っています。
流木を水槽に入れるときは、必ずよく洗い不純物を取り除いてください。その後、カルキを抜いた水にしばらくつけて置いてから、水槽にINしてください。

【浮き玉】
全力でオススメしたいアイテムです。とにかく可愛くてオシャレです。特に、陶器でできているものは、金魚すくいやヨーヨーなど、夏祭りを連想させる涼しげな和風柄がGOODです。絵柄や大きさを変えて、2つくらい浮かせてみるのもいいですね。
メダカは浮き玉の下でよく休みます。水草や流木もそうですが、隠れて休める場所を積極的に作ってあげるようにしてください。


スドー 浮き玉(中) 笹 


小さくて可愛いメダカは、癒されること間違いなしです。
ぜひ、自分好みの小さなアクアリウムを作って、これから始まる蒸し暑い季節を乗り切ってみてはいかがでしょうか。

白幡 真琴

Sirahata Makoto アイシクル編集部 編集長 WEBデザイナーとして、システム開発会社のコンテンツ事業部勤務を経て、フリーランスでWEBサイト制...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

30代からの美容・心と体・ライフスタイルをサポートする女性のためのウェブマガジン
このサイトについて

icicleの最新記事をTwitterで誰よりも早くチェックしましょう!