1日1か所30分の片づけ

おうちじかん

新型コロナウィルス感染拡大を止めるべく、外出自粛が続いています。
先の見えない不安や悲しいニュースに、気持ちがうつうつとしてしまう事もありますが、目の前にあるほっこりすることを見つけて穏やかに過ごしたいですね。

・今朝の土鍋で炊いたご飯がおいしかった♪
・鉢植えのガジュマルの新芽をみつけた♪
・大根の葉っぱの所を水につけて置いたら立派な新葉が伸びてきた♪

など、小さな嬉しいことをクスッと楽しみたいです。ほっこりすることを集めていると、心の疲れが取れる気がします。

1日1か所30分の片づけ

いつもより長い時間を過ごす家の中、普段はなかなか出来なかった片づけをしている方も多いようです。

・スッキリ気持ち良く整った部屋で「さて今日は何をしようか」と考えている自分を想像する。
・夕飯は家族みんなで餃子をつくろうか。

そんな優しい時間を思い浮かべてみます。そして、部屋の中をぐるりと見回してみましょう。そうすると気になる場所が見えてきませんか。

・丁寧に淹れたコーヒーを飲みながら、今月号の雑誌を開きたいテーブルにはモノがいっぱい。
・餃子づくりの前に作業スペースをつくらなきゃ。

など、そんな所を整えて理想の暮らしに近づきたいですね。

そこで1日1か所30分の片づけはいかがでしょう。もちろん家中を綺麗にしたいですが、まずは一歩を踏み出してみます。

軽快に踏み出せたら2歩3歩と歩幅も大きくなるはずです。気持ちよい空間が1か所できたら、その達成感で次へのやる気も高まります。家族3人でそれぞれ1日1か所30分の片づけをしたら一度に3つの空間が整ってしまうかもしれません。

人間の集中力は15分周期だそうです。片づける場所によって、15分、30分、90分と目安になる時間を設定するのもおすすめです。1か所きれいになるたびに気持ちもすっきりして家族の笑顔がふえますね。

引き出しの片づけ

我が家のリビング出入り口そばに置いてあるチェスト。毎日何度も前を通るけれど2杯の引き出しは開けることはあまりありません。気になっていた引き出し2杯を整理します。1か所30分のスタートです。

 

いろいろ詰め込んであります。最初はハンカチ類を入れていましたが、とりあえず押し込んだ小物がいっぱいです。
2杯分、中のモノを全部出しました。

   

さて、選んで!分けて!

使うモノを選びます。使えるモノではなく使うモノです。これは使えるかではなく、私はこれを使うかです。自分を軸に判断するのがポイントです。
ここの引き出しは、開けることがあまりない収納です。使っていないものばかりでしたので選ぶ作業は数分でした。

残したのはタオルハンカチ5枚です。とても便利な場所のはずなので使い方を考えます。
片づけ時間30分弱!気になっていた場所がスッキリしました。『1日1か所30分の片づけ』小さな一歩から始めてみませんか。

池田みゆき

Ikeda Miyuki ライフオーガナイザー® ~「好き」に囲まれた暮らし~ 片づけサポートmyk 心地よい毎日を送るためのお手伝いをしている

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

30代からの美容・心と体・ライフスタイルをサポートする女性のためのウェブマガジン
このサイトについて

icicleの最新記事をTwitterで誰よりも早くチェックしましょう!