マスクによる肌トラブル回避策はコレだ!

美容

あくまでも美容は自己流を貫く、様々な年齢と肌質の女性たち。
その自己流、ほんとに合ってる?
知花子先生が優しく説教し、正しい美容道へ導きます。

ほんのり自己流、 きのえ(55歳)

知花子先生 、コロナ対策のためマスクを欠かせない生活ですが、お肌のために気をつけるべきことはありますか?

知花子先生

春は花粉症等でマスクでの外出が多い季節ですね・・・。
さらに、先日から続いているコロナウィルス予防のため、マスクをされている方が多く、肌トラブルの相談も急増しております。

原因と対策を検証していきたいと思います。

マスクによる肌トラブルの原因①『乾燥』

マスクをしている最中よりも、外した後の方か乾燥します。
これは、マスク内で発生した水蒸気がふやけた肌状態になり、マスクを外したことにより外気にさらされ乾燥を招くためです
また、吐息により無数の雑菌が肌に付着します

対策はこれ!

知花子先生

朝・晩のスキンケアをしっかり行うこと!

特にクリームを塗り、お顔に油膜を作りお肌を守ることを意識しましょう。

マスクによる肌トラブルの原因②『摩擦』

マスクのゴム部分は、摩擦により刺激が強くなります。

対策はこれ!

知花子先生

お顔にあったマスクを装着することが大切です。お肌が敏感になっている可能性がありますので、いつも以上に、スキンケアは優しく行いましょう。

もし、肌荒れになってしまったら…?

肌荒れした場合は放置せず、まずは保湿することからはじめましょう。
放置しておくと、炎症がはじまり、肌荒れが進行します。

マスクをするとき、メイクに困ります!

自己流美容派、ももこ(38歳)

マスクでファンデーションやグロスがついてしまいます。
マスク下のメイクはどうしたら良いですか?

知花子先生

チークやグロスはしない方も急増中。
そんな中で、ポイントはアイメイク★
眉を変えて、アイシャドウの色で楽しむのもよいでしょう。

2020年の春は、ビタミンカラーのアイシャドウがおすすめ!

オレンジ、イエロー、グリーンなど、春らしく目元が鮮やかになります。
ビタミンカラーは勇気がいる!という方には、ピーチ、パープルなどもおすすめですよ。
また、ビタミンカラーに定番のブラウンやグレーをプラスすると、抵抗なくビタミンカラーを楽しめます。

カラーマスカラもおすすめ!

さらにアイメイクを楽しむなら、カラーマスカラがおすすめ。
抵抗なくすぐチャレンジできるのは明るいブラウン。
意外と馴染むのがレッド、グリーン。
ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

野村 知花子

美容アドバイザー、メイクアップアーティスト Stira Beauty代表 北海道石狩市出身、札幌市在住 金融機関勤務時代に、メイクに興味を持ち、美容道を志す...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

30代からの美容・心と体・ライフスタイルをサポートする女性のためのウェブマガジン
このサイトについて

icicleの最新記事をTwitterで誰よりも早くチェックしましょう!