マカロンをいつもより10倍美味しく食べるコツとは?

フード

マカロンと聞くと、どんな食感をイメージされますか?
マカロンは固い、パサパサ、そんなイメージを持っている方はいませんか?
お店にもよりますが、美味しいマカロンは、生地の表面はサクっとしていますが、中はしっとりしています。
サンドされているクリームは風味豊かで柔らかく、小さいながらも色々な食感が楽しめる幸せスイーツなのです。

マカロンは美味しくないと思っているあなた!
もしかすると、食べるタイミングを間違っているかもしれません。

美味しいマカロンは賞味期限が短い

私が大好きなピエール・エルメ・パリをはじめ、美味しいマカロンは賞味期限が短く、要冷蔵保存です。
それぞれのパティスリーで賞味期限は異なりますが、3日前後のところが多く、一週間程度日持ちするものは個包装されている事が多いと思います。

6個セットや8個セット、ショーウィンドウに並ぶカラフルなマカロンの中から、お気に入りのフレーバーを選んで帰宅し、すぐにお茶を入れてティータイムを楽しむ場合は良いのですが、翌日のティータイムのために冷蔵庫へ入れておく場合もあるかと思います。

翌日のティータイムの時、美味しいお茶をいれた後にマカロンを冷蔵庫から取り出し、お皿に乗せたらすぐに食べていませんか?
その食べ方、もったいないです。

マカロンを美味しく食べるタイミング

冷蔵庫で保存していたマカロンを食べる時は、食べる20分前くらいに出しておいて欲しいのです。
マカロンは焼き菓子ですが、冷蔵保存なので取り扱いは生菓子みたいですよね。

でも、マカロンは冷やして食べるものではありません。

冷蔵庫で保存していたマカロンを取り出してすぐ口に入れると、生地もクリームもとても固く感じます。
逆に、30分も40分も室温に置いてあったマカロンは生地もクリームも柔らかすぎて、噛んだ瞬間にぐちゃっとなってしまい、美味しさが半減してしまいます。
季節や室温にもよりますが、マカロンを美味しく食べるために、ティータイムの20分くらい前に冷蔵庫から取り出しておいてください。
その合間にお湯を沸かしたり、コーヒー豆を挽いたり、ゆっくりお茶の準備をしてみるのはいかがでしょうか。

20分くらいたった頃、美味しいお茶と一緒にいただくマカロンは、サクッとした歯応えの後、しっとりした生地と柔らかいクリームがお口の中に幸せを運んでくれるはずです。

色彩もカラフルなマカロン。
パステルカラーのマカロンから春を感じてみるのはいかがでしょうか。
是非、美味しいタイミングで食べてみてくださいね。

大久保 陽子

Okubo Yoko Briller de Yoko 代表 ハンドメイドクリエイター、タッセルメイキング講師、アイシングクッキー講師、スイーツクレイクラフト...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

30代からの美容・心と体・ライフスタイルをサポートする女性のためのウェブマガジン
このサイトについて

icicleの最新記事をTwitterで誰よりも早くチェックしましょう!