ファッションに活かせるアロマ術

心と体

仕事に集中したい時、人前でプレゼンする時、出会いの場に行く時、嫌なことがあった時。同じ1日の中で状況によって気持ちがどんどん変化していきます。

でも嫌なことがあったばかりなのに、これからやらなきゃならないことがたくさんあって気持ちが追いつかないことありませんか?

そんな時のために、わたしはいつもアロマの小瓶を持ち歩いています。
資料を作りたいのに眠くて作業がはかどらない時は、ペパーミントの小瓶の香りでリフレッシュしたり、人前で話さなければいけないのに緊張しているときには、オレンジの小瓶の香りでリラックスしています。

ですが、小瓶の香りを嗅ぎながら、人前で話すことはちょっとできませんよね?そういう時は、アクセサリーでさり気なくアロマを香らせてみる方法があります。

髪をまとめるゴムの飾りのリボンやコットンパールのアクセサリー、ウッディなネックレスなどにオイルを落とすこともできます。注意点は、オレンジなどの色が濃いエッセンシャルオイルの場合にシミになってしまうことがあるので、多少汚れてしまっても良いものを使ってください。

わたしは趣味のハンドメイドで、アロマが香るアクセサリーを作って身につけています。
生活の中で気持ちを切り替えたいときや気合を入れたいときに、左右のピアスのフェルトボールの部分に1滴ずつエッセンシャルオイルを落として使います。

少し体を動かす度に、たった2滴のエッセンシャルオイルが仕事の効率アップにつながったり、緊張を和らげてくれたり、毎日の生活を助けてくれます。

アロマテラピーは難しそうで取り入れにくいと思うかもしれませんが、実際は香りの好みや感じ方が人それぞれ違います。ラベンダー(アングスティフォリア)の香りを嗅ぐと、安眠どころか目が覚めてしまうという人もいます。

初めのうちは好きな香りを選ぶ。
それだけで大丈夫です。

好きな香りを感じるということが一番です。好きな香りが脳に良い刺激を与えて、巡り巡って期待していた効果につながっていくこともあります。「この状態にはこの香りだから」と、無理に得意ではない香りを使うと、脳がストレスを感じてしまいます。ストレスを感じてしまうと良いことはなにも期待できません。

ただ、エッセンシャルオイルの中には、注意して使用しなければならないものもあります。わからない時は、アロマショップの店員さんや、アロマテラピーに詳しい人に聞いてみてください。

みなさんが楽しくアロマテラピーを始められますように。

アロマについての「ちょっとした質問」にお答えします。
読者の方にも知っていただきたい質問が寄せられた時は、ご紹介していきたいと思ってます。ご質問お待ちしてます。リンク先のお問い合わせからどうぞ。
ご質問を受付中

shizuka

日本エッセンシャルオイルスタイリスト協会 エッセンシャルオイル上級スタイリスト、 アロマハピネスコスメティック・プライマリーアーティスト、 NARDアロマテ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

30代からの美容・心と体・ライフスタイルをサポートする女性のためのウェブマガジン
このサイトについて
2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031