健康管理としてのアロマテラピー「風邪・インフルエンザ予防編」

子供のが鼻をかむ写真
心と体

朝目覚めると寒い季節になってきました。
風邪やインフルエンザの話題なども、ちらほら聞くようになりましたね。

一番のインフルエンザ予防は心身ともに健康であることだと思います。
そんなことを言っても大人も仕事でストレスが溜まる。子供だって幼稚園や学校のお友達と喧嘩をしたり、勉強が嫌いだったりしてストレスが溜まる。なんだか調子が良くない。そんな悪循環から抜け出すための選択の一つにアロマテラピーがあります。

休息とリラックスから予防へ

エッセンシャルオイル=精油の香りは心のリフレッシュが得意です。
鼻から伝わった芳香成分はたった0.2秒で脳に伝わり、感情や記憶・自律神経・ホルモン系・免疫系に影響を与えます。
エッセンシャルオイルには、他にも沢山の作用があります。
それらを上手に使いこなしてみましょう。

家庭に常備してほしいユーカリ・ラディアタ

風邪やインフルエンザが心配な季節には、ユーカリ・ラディアタ(Eucalystus radiata)がおすすめです。
ユーカリのエッセンシャルオイルは数種類ありますが、子どもからお年寄りまで安心して使えるのがユーカリ・ラディアタです。

抗ウィルス作用抗菌作用があり、ウィルスや細菌などからの感染を抑制する作用があります。
そして鼻や喉の粘膜、気管支の炎症による不快への作用免疫を刺激する作用もあります。
風邪の予防に、そして風邪にかかってしまったかな?というときにも頼りになります。

とても簡単、3つのホームケア方法

1.ティッシュやハンカチに
とても手軽なのは、ティッシュやハンカチにエッセンシャルオイルを1〜2滴落とす方法です。
持ち歩けば外出先でもアロマテラピーが楽しめます。枕元に置いて眠るのもおすすめです。

2.香りを吸入
熱めのお湯を入れたマグカップに1〜2滴落として、立ち上がる蒸気と香りを鼻から吸う。
深く鼻から息を吸った後に口からも深く息を吸う。
お湯が冷めてしまったらもう一度温めるか、熱いお湯を足してください。
仕事先で休憩中にも無理なくできます。
※この時に蒸気を目の中に入れないでください。

3.空気中に拡散する
加湿器にエッセンシャルオイルを滴らして使えるものがあれば、それも活用できます。
また自宅にエッセンシャルオイル用のディフューザーがある場合はぜひ活用してください。

1.2.どちらの方法も深く呼吸をするのがコツです。つまった鼻や喉がスッキリします。
3.の空気中に拡散する方法は、家の中のウィルスや細菌対策になります。

香りを楽しみながら、健康管理ができるアロマテラピーを取り入れてみてください。

11月より「風邪やインフルエンザから体を守る」健康管理としてのアロマテラピー講座をスタートします。
エッセンシャルオイルを使って喉や鼻の不調に役立つジェルやスプレー作りをしながら、アロマテラピーで楽しく始めるホームケアを始めましょう。
講座についての詳しい内容はこちら健康管理としてのアロマテラピー 風邪・インフルエンザ対策講座

shizuka

NARDアロマテラピー協会認定 アロマアドバイザー、 アロマハピネスコスメティック・プライマリーアーティスト、 (社)日本エッセンシャルオイルスタイリスト協...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

30代からの美容・心と体・ライフスタイルをサポートする女性のためのウェブマガジン
このサイトについて
2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031