ハンドメイドの楽しみ方2

ハンドメイド・DIY

ハンドメイドに限らず、何をするのもそうですが、何か作業をする時は、それに合った環境と道具がとても大切だと感じています。

私の失敗談

最近オートクチュール刺繍というものにハマっています。オートクチュール刺繍は糸に通ったビーズやスパンコールを専用のかぎ針で縫っていくのですが、先日自宅で、うっかり手を滑らせ、床にビーズやスパンコールを撒き散らしてしまいました。
貴重なビーズやスパンコールですから、ひとつひとつ拾ってまた糸に通すのですが、私の部屋は毛足の長いラグを敷いているため、小さなビーズを探すのは本当に大変で、多分全部拾いきれなかったと思います。

ビーズを撒き散らしてしまう事は、決して想定外の出来事ではなかったので、あらかじめ下に白い布を敷くとか、出来ることはいくつかありました。
それなのに、ちょっとした気配りを怠ったせいで作業を進める時間より、ビーズやスパンコールを拾う時間の方が長くなってしまった事をとても後悔しました。

正しい場所で正しく使う

大きな布や紙をカットしたいなら、それなりの場所を確保する事はもちろんですが、大きくて持ちやすい裁ちバサミで切ると効率が良いですよね。
逆に、細かいところを切るときは、小さめで先が尖ったハサミが適していると思います。
大は小を兼ねるとも言いますが、やはり細かい場所を大きなハサミで切ると切りすぎてしまいますし、大きな布を切るのに小さなハサミを使っていたら、時間もかかりますし、何より疲れますよね。
布用、紙用と全て専用の物を用意するのは大変ですが、繊細なハサミで針金を切ってしまったら、すぐに切れ味が悪くなります。
なので、その場に合った、材料に合った道具を正しく使う方が効率が良く、結果として綺麗に仕上がるような気がします。

愛着を持って使う

今は100円で様々な物が買えます。
後始末が大変な物は100円で買えるものを使い捨てするのも良いと思いますが、簡単に壊れないような物は自分の手に馴染む物を見つけたら、メンテナンスをしながら大切に使い続けると愛着も湧いてくるのではないでしょうか。
切れ味が悪いと感じたら研いでみるとか、ブラシや筆なら丁寧に洗ってみる。
作業をする前ではなく、作業が終わったら綺麗に拭いたり洗っておくと、次に作業する時に気持ちよく使うことができます。
そして自分の相棒となる大切な道具に可愛いタッセルを付けたり、ひと粒、ふた粒でもラインストーンを付けてみたりして、自分だけのオリジナルのお道具にすると愛着が湧いて、使うたびに楽しくなるかもしれません。

大久保 陽子

Okubo Yoko Briller de Yoko 代表 ハンドメイドクリエイター、タッセルメイキング講師、アイシングクッキー講師、スイーツクレイクラフト...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

30代からの美容・心と体・ライフスタイルをサポートする女性のためのウェブマガジン
このサイトについて

icicleの最新記事をTwitterで誰よりも早くチェックしましょう!