円山グルメ探訪『TAKAO』

フード

札幌でハイセンスなイメージを持つ円山地区。
その一角にイタリア料理店『TAKAO』があります。

ドアを開けると、洗練されたシックな空間デザインに動線を大きく配したゲスト席は旭川家具が雰囲気を盛り立てる。窓の外には緑の木々がライトアップされ静かに揺れており

真っ白いリネンの上には、シェフ自らが拾い集めた自然のオブジェが飾られ、北海道の息吹を感じとれる。

大地を見つめ、木々の囁きに耳を澄ませ、草木の香りを感じ『先人たちの知恵を取り入れた北海道の食文化』を自らの世界観でクリエイトするイタリアンレストラン タカオ。

一皿目から食材同士の見事なマリアージュがサプライズを生み、ラストのドルチェまでエンターテインメントが続き、

五感の全てで堪能する至福の時。

白樺の皮とエゾイソツツジの葉から取り出したエキスや、アイヌの伝統技術を用いて作られたデンプンなど、オーナーシェフ高尾氏の料理は自然と文化をエッセンスに、幸せを紡いだ料理。

プリモピアットが提供されたことにより、「ここはイタリアンレストランだった…」と思い起こさせてくれるが、イタリアンの枠を超えた『TAKAO』というジャンルを確立していると思えてならない。
(※プリモピアット:イタリア料理で、前菜と主菜の間に出る料理。パスタ・リゾット・スープなどがある。「第一の皿」という意味。)

料理写真を拝見いただき、これはどのような一皿なのだろう。と思われた方も多いと思うので、この楽しき店の一皿ごとのエンターテインメントを詳しく解説させていただきたいところですが、今回の記事に限りそれはわざと控えさせていただきたい。なぜなら、是非、一度足を運び、五感の全てでこの感動を味わって欲しいから。

情報の出し惜しみ?(笑)かもしれないけれど、少し秘密めいた感じの方がきっと訪れる楽しみが増える事と思う。

『TAKAO』は、円山というハイクラスな街を舞台としながら、北海道の大自然を感じることのできる名店である。

TAKAO
札幌市中央区南3条西23丁目2-10
定休日 日曜
TEL 011-618-2217
営業時間18時〜23時
10,000円(+税・サービス料)
※営業時間など、変更になる事もございますので、ご確認くださいませ。

金子由美

Kaneko Yumi YUMIスタイリングオフィス 代表 食空間コーディネーター、フードコーディネーター、だしソムリエ、昆布大使、ミルクインストラクター、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

30代からの美容・心と体・ライフスタイルをサポートする女性のためのウェブマガジン
このサイトについて
2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031